一日一改善!

改善提案、会社でも自宅でも改善改善!

フォーム作成は、取り組みやすい改善例。

 

今回は、おそらく多くの企業・団体で活用できる改善をご紹介。

 

「記入用紙のフォーム化」です。

 

分かりやすい例ですと、電話を受けた際のメモでしょうか。

 

白紙に

「○○さんより、お電話ありました。電話番号***-*** 15:25」というように

毎回書いていたとします。

 

それを、フォーム化します。

こんな感じ。

 

f:id:blusa:20170507010736j:plain↓こちらのサイトより引用しました。可愛い。

memoma.com

 

フォーム化のメリットは色々。

 

①手書き工数減少

なんといっても、書く時間が大幅に短縮される!らくちん!

②見やすい・書きやすい

記入する側もですが、見る側にも優しいと思います。

レイアウトが固定なので、

用紙のどこを見れば必要な情報が書いてあるのか、すぐに分かる。

「脳の省エネ」と、勝手に呼んでいます。

 

私が最初に作ったフォームは、小学5年生の時。

家庭科の宿題で

「自分の作った料理の感想を、家族にもらいましょう」

というのがありました。

 

母:「よくできていた」

父:「美味しかった」

弟:…

とか、なんとか書いていたと思うのですが、

この宿題が数回あった為、なんかすごく面倒になってきたんです。

 

(料理もだけど)感想を書く行為が。

 

「毎回、母とか父とか、家族構成は変わらないのにメンドクサイ!

求められてるのは感想なのだから、もっとラクにならないかな~」

と考えてヒラメキましたよ。

 

「そうだ!書いてある文字は少なくても、体裁が整っていれば良いはず。

専用のプリントを作ってしまえ!」と。

 

おもちゃのワープロを持っていたので、それで作成。

液晶が2行しか無いけど、感熱紙に、ちゃんとB5を印刷できる優れものでした。

 

調べたら、カシオの「ポップクラブ2」という商品のようで。

カシオだったのか。似顔絵とか作れたし、楽しかったなぁ。

通信も出来たみたいだけど、友達少なかったのでやっていない。。

 

今も、こういう玩具あるのだろか。

これを触っていたおかげで、PCもすんなり扱えた気がします。

 

続く。